« 福井の宝物写真コンテスト入賞 | メイン | 大塚国際美術館 »

2016年3月24日 (木)

鳴門海峡春景色

春の大潮の渦潮を撮りたくて鳴門・淡路島へ。ご当地はまさに暖かく長閑な春でしたが、鳴門海峡では潮目の激しい怒濤の流れを見ることが出来ました。先ずは鳴門海峡と大橋をご覧ください。

大鳴門公園(千畳敷展望台・エスカヒル展望台・千畳敷展望台朝景)

1q0a4293

1q0a4336

1q0a4736

淡路島「道の駅うずしお」の夕景

1q0a4550

「休暇村南淡路」

1q0a5315

1q0a5228

続報の大塚国際美術館もご覧くださいね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/670139/33777469

鳴門海峡春景色を参照しているブログ:

コメント

torasaitoさん、積極的に活動されていますね。すごいなぁ~。

鳴門海峡は行ったことはありませんが、10年ほど前、福岡空港から関西の伊丹空港に戻るときに瀬戸内海の上空を飛んだことがあります。夜の便だったので、景色は分かりませんでしたが、点々と繋がる地上の光が綺麗でした。

撮りたくなったら行く!
行動力がありますね~。
ここは行った事ないんですが、21日に九頭竜湖にまたがる吊り橋を見てきました。
あの吊り橋はこの鳴門海峡大橋を作るためのデータ集めに作ったと聞いたことありますが、
そうなんですかね~。
どちらにしろ、torasaitoさんは本物を、
カズノコはミニチュアを見に行ったということですかね(^_^;)

瀬戸大橋だったかな?(^_^;)

FUDOUさん4月から忙しくなるので天気予報も良いようなので思いきりました。
20年前に行ったことがあったのですが、鳴門の渦を撮りたかったので・・・・大橋を通過するとやはり大きいですね。
鳴門公園から大橋の下にある廊下を約450m歩くと下は海峡です。
関西国際空港に近いので着陸する飛行機がひっきりなしに飛んでいるのが見えます。
鳴門公園ではオオタカを撮影している人もいました。
三国から舞若経由で約5時間とは四国も近くなりました。

カズノコさん以前から行きたい所だったので大きい渦が見られるこの時期に行きました。
九頭竜湖大橋はカズノコさんのおっしゃるとおり瀬戸大橋のモデルですね。
天気も味方してくれて撮影にはもってこいでした。
連写連写でデータ処理が大変です・・・・ぼちぼちブログで報告しますのでご覧ください。

タイトル 津軽海峡冬景色みたい(^^♪
四国に親戚に行った際、何度か通たことありますが、
すごいなぁ~って思いながら通るだけ
大橋の写真もいいですね。
星景で撮ってみたんですけどね。

HALさんタイトル・・・バレバレですね。
星景はHALさんの専門分野ですね。
時間があれば撮ってみたかったです。
この時期はライトアップがないので良いでしょうね。
ぜひお願いします・・・待ってま~すhappy01

コメントを投稿

アクセスランキング

Powered by Six Apart